セキュリティ診断サービス
 
株式会社アイマネジメントでは、「インターネット接続サービス安全・安心マーク」推奨のセキュリティ診断ツールである「NESSUS」によるセキュリティ診断を行います。

Topics
「インターネット接続サービス安全・安心マーク推進協議会」が認定する
「インターネット接続サービス安全・安心マーク」のセキュリティ診断の仕様が変わりました。今後は、“「共通脆弱性評価システムCVSS(Common Vulnerability Scoring System)(IPAでも採用)」を適用し、スコアの統一を図る”とされております。

弊社報告書は、新基準である“CVSS”の評価値を明確に表記しています。

報告書sampleはこちら
報告書表紙見本
診断ツールNESSUSによる報告書見本

新基準について


概  要
株式会社アイマネジメントのセキュリティ診断サービスは、サーバ、ルータなどのセキュリティホールを診断するサービスです。セキュリティホールが見つかった場合には、その処理完了後、もう一度診断して、安全な状態になったことを確認できます。

2回の診断を行って 70,000円(消費税別:税込75,600円)と、他にはない価格でご提供しています。
 

[お申込手続き] 
 

インターネット接続サービス安全・安心マークは・・・ http://www.isp-ss.jp/

「インターネット接続サービス安全・安心マーク推進協議会」が一般の利用者に対しインターネット接続サービス事業者を選定するにあたり、その事業者が安全に、安心して利用できるかどうかについての目安として交付するマークです。
「インターネット接続サービス安全・安心マーク」交付のための第一次審査にはセキュリティ診断ツールの診断結果書類の提出を義務付けられております。
当社では、協議会推奨の診断ツールを採用し、診断後は『セキュリティ診断書』を発行しますので、診断書をそのまま協議会に提出することができます。
 
診断の方法
診断は、約1週間の間隔を置いて2回行われます。最初の診断で脆弱性のある部分が検出された場合,それを対処して2回目の診断を受けることが出来ます。
安全安心マーク協議会には、どちらか片方のセキュリティ診断書を提出すれば審査を受けることができます。


NESSUS
NESSUSは、Renaud Deraison氏を中心にオープンソースの形態で作成配布されているセキュリティスキャンチェックツールです。詳細についてはWebをご覧下さい。
  (報告書サンプル)

 
報告書は基本的に簡易書留郵便で送付いたしますが、デジタルデータ(PDF形式)でもご提供いたします。デジタルデータ送信の際は、SendFileという仕組みによる、SSLで暗号化されたダウンロード方式を採用しております。診断結果につきましては、当社にて厳重に取り扱い他に漏らす事はありませんので、安心してお申し込みください。
 
注:診断にあたっては、ごくまれにサーバの運用に支障をきたすことがありますが、弊社ではその責を負いません。ご了承ください。


[お申込手続き] 

「サービス案内」に戻る


Copyright(C)2002 iManagement Co., Ltd  All Rights Reserved.